操縦のQ & A

プロのヘリコプター・パイロットになるためには、ヘリコプターの自家用ライセンス(アマチュアパイロットに必要なライセンス)を取得していただき、官公庁採用試験にチャレンジするという方法もあります。

事業用ライセンス(エアラインやヘリコプター会社で報酬をうけて飛行するのに必要なライセンス)までを取得し、有資格操縦士の募集を行うすべての官公庁航空隊、民間運航会社にチャレンジという方法もあります。

はじめから事業用操縦士の試験を受験できるかと言えば、そうではなく、自家用操縦士から国家試験を受験しなければなりません。(アメリカのプライベート・ライセンスは日本の自家用操縦士免許に書換えることが出来ます)

ライセンスは、事業用操縦士は18歳以上からであり、自家用操縦士は17歳以上からです。果たして私でも、ヘリコプターの操縦をすることが出来るのでしょうか。やっぱり一番いけないのは弱気のモチベーションではないでしょうか。みなさんは、既に運転免許証を持っているのではないでしょうか。そのときも、私は運転免許証の取得をすることが出来るのだろうか・・・と不安に思っていたのではないでしょうか。ヘリコプターの操縦免許取得もその延長線に過ぎないのです。

まずは運転免許でもそうしたように、ヘリコプターの操縦免許を取得するための訓練校に通ってみることです。何事も挑戦してみることが大事です。

推奨サイト|ヘリコプター 免許
ヘリコプター免許スクールのサイトです。