操縦士の不足

みなさんもヘリコプターの操縦免許取得が、比較的簡単に取得出来て、費用も安いと聞いたら自分も一度挑戦してみたいと思うのではないでしょうか。どんどんみなさんにもヘリコプターの操縦免許取得について関心を持つようにしていただきたいのです。まさに、時代は、クルマではなくてヘリコプターの操縦免許取得の時代かもしれません。そして、仕事という面でも今、ヘリコプターパイロットという需要が一段とて高くなっている時代です。民間ではドクターヘリが急ピッチで増強されていたり、警察航空隊消防防災ヘリ海上保安庁ヘリなどの官公庁航空隊なども、増強にはかなり力を入れているときです。

しかし多くの人たちが、就職活動のことを考えて安易にヘリコプターの操縦免許取得をしよう考えるでしょうか。現状は、ヘリコプターの操縦士の人材不足の問題を抱えていると言って問題はありません。今、IT企業の仕事などの需要が高いと思われ、そちらに意識を向けている多くの人たちがいますが、この空の世界も、大きく就職の面でも可能性が広がる世界なのです。

国でも、平成27年度には「ヘリコプター操縦士の養成・確保に関する関係省庁連絡会議」を設置し、不足しているヘリコプターの操縦士の問題解決に乗り出したところです。