操縦免許取得

ヘリコプターの免許は、「自家用操縦士免許」「事業用操縦士免許」に大きく分類することが出来、趣味の範囲でヘリコプターを操縦される方は「自家用操縦士免許」を選択して、中には、ヘリコプターに関する仕事をしてみたいという人たちもいらっしゃるでしょうから、そのような人たちは、事業用操縦士免を選択することになります。自家用操縦士免許・事業用操縦士免許ともに、陸上単発ピストン、 陸上単発タービン、陸上多発ピストン、陸上多発タービンという等級があり、着陸装置が車輪タイプかスキッドタイプになっているものであり陸上に着陸するものです。水上単発ピストンや水上単発タービン、水上多発ピストン、水上多発タービンは、着陸装置がフロートタイプで、川、湖、海に着陸できる構造をもつ構造です。

クルマになら運転免許という言い方をしましたが、ヘリコプターで取得しなければならないのは、運転免許証ではなく操縦免許です。

今まで、日本人の方々が、そのような操縦免許と向きあうことは、稀の稀とも言えたのではないでしょうか。しかし、それでも海外の人たちは、積極的に既にヘリコプターの操縦免許と向きあっている多くの人たちがいます。もうそろそろヘリコプターの操縦免許取得は誰でも取れる免許取得と考えてもいいのではないでしょうか。